システム開発【マクロ・VBA開発】

LOADING

【マクロ・VBA開発】
マクロ機能とVBAを駆使して
オフィスソフトでの生産性をアップさせる
自動化設定・プログラムを提供
単純作業の自動化から
複雑な処理まで

マクロ開発

マクロとは

単純作業の自動化

「マクロ」という言葉は一般名称ですが、ここではMicrosoft社が開発・販売している「Microsoft Office」に搭載されている機能を指します。
 特にExcelやAccessでの利用を想定しているケースが多く、例えば連続したコピー&ペースト、一定間隔で規則性のあるデータの入出力等、人の手でやるには単純で退屈な作業を自動化します。
 機械任せにすることによりヒューマンエラーを解消し、業務の劇的な効率化を期待できます。

マクロとは-単純作業の自動化

開発費用について

開発期間と費用の目安

 マクロを作成するためにはさほど複雑な手順を踏む必要はありません。
 ただし、通常のオフィスソフトの操作とは異なる特殊な操作が必要となりますし、ソフトウェアのバージョンの違いも考慮しなければなりません。
 以下、開発期間と費用の目安および作成例をご紹介します。

開発期間 3日~2週間程度
※内容によって異なります
開発費用 50,000円~(税抜)
  • 指定範囲のデータ読み取り&変換出力
  • 指定範囲のデータ読み取り&グラフ出力
  • 指定データの自動集計・簡単な分析
  • 1シートに入力されたデータを規則性に従って複数シートに整理・出力
  • 各シートの入力データを比較して差分を抽出
  • 入力フォームを実装してデータ入力を補助
  • ネット上のデータを取得して出力

上記は一例です。
※ご希望される内容によってはVBAでの開発またはアプリケーションソフトの開発をおすすめする場合があります。

VBA開発

VBAとは

さらに複雑な処理を

 VBA(Visual Basic for Applications)とはMicrosoft社が開発・販売している「Microsoft Office」に搭載されたプログラミング言語を指します。
 大きなくくりではマクロのひとつですが、通常のマクロ機能よりはるかに複雑な機能を実装することが可能です。

VBAとは-さらに複雑な処理を

開発費用について

開発期間と費用の目安

 VBAで機能を実装するためには本格的なプログラムを組む必要があります。ExcelやAccessの機能を利用した一個の独立したソフトウェアと考えても差し支えありません。
 その分、開発に時間も費用もかかります。
 以下、開発期間と費用の目安および作成例をご紹介します。

開発期間 3週間~数ヶ月
※内容によって異なります
開発費用 300,000円~(税抜)
  • 取引先向けFAX原稿自動作成ツール
  • ファイナンシャルプランナー向け人生設計シミュレーションソフト
  • 運送業向け配車システム
  • 小売業向け在庫管理システム
  • 汎用の顧客管理システム
  • 入力データを複数の形式で出力および解析プログラム
  • ネット連動の著作権管理システム

上記は一例です。
※ご希望される内容によってはアプリケーションソフトの開発をおすすめする場合があります。

開発の注意点

 Microsoft Officeにはサポート期限があり、延長サポート期限が切れた製品を使っての開発は当事業所でお受けすることができません。
 対応OSはWindows7、Windows8.1(8は非対応)、Windows10です。macOSには(Mac版のOfficeを含めて)対応しておりませんのでご注意願います。

※Microsoftの製品には「メインストリームサポート」と「延長サポート」という2つのサポート期間があり違いは以下の通り
・メインストリームサポート:製品発売後、最低5年間。新機能追加に対応、バグ修正に対応、脆弱性修正に対応
・延長サポート:メインストリーム終了後、最低5年間(一部例外あり)。新機能追加とバグ修正は行われず、脆弱性修正のみ対応

Microsoft Office
各バージョンのサポート期限
※2019年10月現在

製品名 発売年 メインストリーム
サポート期限
延長サポート期限
Office 2019 2018年

2023年10月10日

2025年10月14日

Office 2016 2015年

2020年10月13日

2025年10月14日

Office 2013 2013年

2018年4月10日
※サポート終了

2023年4月11日

Office 2010 2010年

2015年10月13日
※サポート終了

2020年10月13日

※間もなくサポート完全終了のため、システム利用可能期間を考慮し開発不可とします
Office 2007 2007年

2012年10月9日
※サポート終了

2017年10月10日
※サポート完全終了
(開発不可)

Office 2003 2003年

2009年4月14日
※サポート終了

2014年4月8日
※サポート完全終了
(開発不可)

商標の表記について

Microsoft、Windows、Microsoft Office、Excel、Access、VBAは、米国Microsoft Corporationの米国またはその関連会社の商標です。
Macは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
macOSは、Apple Inc.の商標です。
Windowsの正式名称はMicrosoft®Windows®Operating Systemです。
本サイトでは下記のように省略して記載している場合がございます。ご了承ください。
Microsoft®Windows®7 Operating Systemは、Windows7
Microsoft®Windows®8 Operating Systemは、8
Microsoft®Windows®8.1 Operating Systemは、Windows8.1
Microsoft®Windows®10 Operating Systemは、Windows10
Microsoft®Officeは、Microsoft OfficeまたはOffice
Microsoft®Office 2003は、Office 2003
Microsoft®Office 2007は、Office 2007
Microsoft®Office 2010は、Office 2010
Microsoft®Office 2013は、Office 2013
Microsoft®Office 2016は、Office 2016
Microsoft®Office 2019は、Office 2019
Microsoft®Excel®は、Excel
Microsoft®Office Access®は、Access
Microsoft®Visual Basic®for Applicationsは、VBA